ゼロトルクのパターを使えばパッティングは劇的に改善します

パター最大の問題、それは「トルク」です

パットをミスしたときに感じる違和感。その原因はパターのトルク(回転)です。世の中の全てのパターは、ゴルファーの意図しない方向に回転するようにできています。そのせいでパッティングに一貫性がなくなるのです。

特許取得済みの技術、ライ角バランス(Lie Angle Balance、略してLAB)は、パッティングをシンプルにするために生み出されました。LAB技術はパターからトルクを排除します。L.A.B. Golf(ラブ・ゴルフ)のパターを使えば、毎回同じストロークができます。特にプレッシャーのかかる場面での効果は絶大です。

1.5メートルを毎回必ず決めるような上級者にとっても、L.A.B. Golf(ラブ・ゴルフ)のパターは平均パット数を減らすのに役立ちます。

DF3

LESS TO THINK ABOUT - パッティングをよりシンプルに。

設計面での工夫により、DF3は基本的にDF2.1と同じ性能を発揮します。DF2.1と同様、DF3は「フルオートマチック」です。つまり、DF3もテイクバックからインパクト、フォロースルーまでヘッドがターゲット方向にスクエアな面を保ちながら理想的な軌道で動きます。

ミスヒットが事実上問題にならないのはDF2.1と同じです。ヒールやトゥで打っても、芯で打った時とほぼ同じように転がります。DF3を使えば、パッティングで考える要素が極端に減ります。

DF3を詳しく見る

MEZZ.1

MEZZ.1(メッツ.1)とMEZZ.1 MAX(メッツ.1・マックス)は、皆さんおなじみのマレット形状のパターです。しかし、ライ角バランス技術が採用されていることが特徴です。グリーンが楽しくなることを保証します。

MEZZ.1とMEZZ.1 MAXは、1.5度/3度どちらのプレス・グリップも装着できます。さらに多様なカスタムオプションをご用意しております。シャフトの種類、長さ、ライ角、色、アライメント・マークなど、お好きな組み合わせをどうぞ。

MEZZ.1を詳しく見る

DF2.1

DIRECTED FORCE 2.1(ダイレクト・フォース2.1)で新しいパター体験をしてしまうと、もう後戻りはできません。コースからの帰り道に、中古ショップに寄って今までのパターを売ってしまう結果になることでしょう。DF 2.1はLAB技術(特許取得済)を採用した最初のパターです。ストローク中ずっとパターのフェースが軌道に対してスクエアな状態を保ちます。

打ち方は気にしなくてOK。フェースの向きと強さだけ集中すれば、ボールはカップに吸い込まれます。

正直、ちょっと変わった形です。しかし世界で一番見た目が悪く、世界で一番結果のよいパターです。この形が、安定性をもたらします。

DF 2.1を詳しく見る

LINK.1

私たちはブレードタイプの伝統に敬意を表すと同時に、ライ角バランス技術を採用することで劇的にやさしいパターを生み出しました。
それが、LINK.1(リンク.1)です。

L.A.B. Golf(ラブ・ゴルフ)の他のラインナップ同様、LINK.1 はストロークの間ずっとフェースがスクエアを保ちます。だから、一般的なブレードタイプのパターのように、ゴルファーがフェースの向きを保つための余計な操作が必要ありません。
LINK.1 パターそのものがスクエアを維持しているからです。

想像してみてください。インパクト時のパターフェースが常に打ち出し方向を向いていたら、コースでどれだけパットが決められるかを。

LINK.1を詳しく見る

PRESS GRIP

PRESS GRIP(プレス・グリップ)をパターに装着すれば、それだけで簡単にフォワードプレス状態が完成します。そうすれば自然とアッパー軌道でインパクトができ、ボールが順回転できれいに転がっていきます。

傾きは1.5度と3度の二種類を用意しました。パターの特性と、あなたのストロークタイプによって選んでください。傾きだけでなく、形状や構造の異なる選択肢もご用意しております。

PRESS GRIPを詳しく見る

カスタマイズ

L.A.B. Golf(ラブ・ゴルフ)のパターを選ぶ際に最も重要なのはライ角です。ライ角の測定はオンライン・フィッティングで行っております。適切なライ角が判ったら、カスタマイズをご検討ください。ヘッドの色、シャフトの種類、長さ、ライ角、グリップ、アライメント・マークなど、全てあなたのご要望通りに組み立てます。

オンライン・フィッティングを見る

100% メイド・イン・USA

L.A.B. Golf(ラブ・ゴルフ)のパターは全てアメリカ製です。

DF 2.1は 6061アルミニウムのCNCによる削り出しです。

MEZZ.1とMEZZ.1 MAXは複合素材です。本体部分は 6061アルミニウムのCNCによる削り出し、ジョイント部分は303ステンレスのCNCによる削りだしです。

なお、6061アルミは、航空産業で使用されるレベルの素材です。

商品一覧を見る